銀行でキャッシングする時に準備するもの

銀行でキャッシングを利用する場合には、インターネットを利用して申し込みをすれば来店不要でキャッシングの利用が可能になります。
但し、銀行でキャッシングを利用する場合、預金口座が必要になる場合では、店舗窓口で口座を開設するなどの準備が必要になるケースも在ります。

これはキャッシングに利用することが出来る現金を、対象となる銀行の預金口座に振り込みをするためであり、預金口座を持つ事で現在利用しているキャッシュカードにローン枠を追加して1枚のカードでキャッシングとキャッシュサービスの利用が出来るようにするためであり、預金口座が必要になる銀行も在ると言う事です。

しかし、銀行には預金口座が無くてもカードローンなどのお金を借りる申込みが可能になり、他の銀行口座に現金を振り込んでくれる所もあるため、必ずしも預金口座が必要になるわけではありません。

尚、預金口座を作る場合には銀行で使う事が出来る印鑑と100円などの預金額が必要になりますが、口座が不要の場合には本人確認書類として使う事が出来る運転免許証を初め、健康保険証やパスポート、住民基本台帳カードなどが必要になります。

また、銀行でキャッシングする場合、申し込みをする銀行が定めている利用限度額に応じて収入証明書の提出が必要になる場合も在り、この場合は源泉徴収票、直近の給料明細書と言った書類が必要になる事も在ります。

収入証明書は銀行の場合では利用限度額が200万円、300万円までは不要と言ったケースが多く在りますが、これらの金額を超えて申し込みする時には必要になると言う事です。