乳酸菌サプリを飲むことでインフルエンザ予防ができる?

冬の寒い時期にはインフルエンザが流行りだします。インフルエンザは外出時のマスク着用や帰宅後の手洗いうがいなどの簡単な事で予防する事ができます。しかし、体の免疫力が低下していると予防していてもインフルエンザになることがあります。体の免疫力を高めるには腸の働きが重要になります。人間には免疫細胞が備わっています。腸も免疫細胞の一つで、人間の免疫細胞は腸が約6割を占めています。腸が正常に働いていれば、自然と免疫力も高くなります。
腸の働きは腸内に善玉菌が増えると良くなります。逆に悪玉菌が増えると腸の働きが悪くなります。善玉菌を増やすのに効率の良い方法として、乳酸菌サプリの摂取が挙げられます。乳酸菌サプリには乳酸菌の他にオリゴ糖やビフィズス菌、ビタミンB群などが含まれています。これらは健康に良いとされる成分で、腸内の働きを手助けして免疫力を高めてくれます。免疫力が活性化していると、インフルエンザなどの病原菌に強くなります。仮に病気になったとしても、免疫力が高ければ熱や咳などの症状が軽く済みます。
インフルエンザの予防などで乳酸菌サプリを購入したいと考えたら、複数の乳酸菌が含まれている製品やオリゴ糖が配合されている製品を選ぶと良いです。オリゴ糖は善玉菌の餌になり、善玉菌を増やす手助けをしてくれます。乳酸菌サプリはインターネット通販などで購入することができます。インターネットでは乳酸菌サプリの購入者が評価やレビューを付けています。高い効果のある製品や人気のある製品を選んで購入すると良いです。
乳酸菌サプリ徹底解説ガイド|効果的な飲み方とは?はこちら