バストアップクリームのほとんどに含まれる「プエラリア」ってどんな成分?

バストアップクリームのほとんどに含まれる「プエラリア」ってどんな成分?

バストアップクリームのほとんどに含まれている有効成分が「プエラリア・ミリフィカ」です。これはバストアップ効果だけでなく、肌のツヤやハリにも良い影響を及ぼすと考えられています。このプエラリア・ミリフィカはタイやミャンマーに生息するマメ科の植物でイソフラボンが大豆の約40倍もぐ組まれているとのこと。女性ホルモン、エストロゲンに似た働きをすることから乳腺に働きかけ、バストアップに繋がると考えられています。ですが、安全性という面では確立されていないのが事実なんです。副作用も報告されています。例えば、生理不順、頭痛、吐き気、不妊といったものです。女性ホルモンに影響を与えるものなので、女性に関係した副作用が出る可能性があるのも特徴です。

プエラリアのライバル?ボルフィリンって?

プエラリアと比較される成分の1つが「ボルフィリン」です。これはフランスのセダーマ社がユリ科のハナスゲの根にある成分に注目して抽出した成分です。脂肪を分化させ増殖させる働きがあると言われています。副作用も報告されていないため使いやすい成分ですね。胸の約90%は脂肪でできていますので、ボルフェリンを使ってバストアップするのもいいでしょう。また、女性ホルモンから乳腺に働きかけるプエラリアと脂肪を増殖させるボルフェリンの両方が配合されたバストアップクリームも販売されていますので、それを使用するのも効果的かもしれませんね。
バストアップクリーム最新ランキング|市販クリームの効果はあるの?人気調査!はこちら